Home  > Category > 高御位山

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

春ミクラは暑かったびや~ん

2012/04/09(Mon) 21:35

今日はいい天気で暖かったですね。
久々にタカミクラと桶居山(おけすけやま)縦走+周辺探索してみました。
遅くてもいいからいつもより長く遊んでみたかったんです。
走る前は右膝が少し痛く、腰もイマイチ。
腰カックンは当分アカンと思うし、ええ年齢やから治るまで待っていては始まらない。
今まで待ってばかりなので体重もオーバー。でも無理できないのも現実ですね。

北池登山口(鳥居)はK.KATOさんのAコース、Bコースの始まり。
雲の助もいつもここからスタートしてます。
K.KATOさんのタカミクラのマップはトレイルランナーの必需品です。

takamikura0508.jpg


DSC00332.jpg

あまり無理せずタカミクラ頂上まで行きましたが意外にも早く33分で到着。
今回のシューズはモントレイルのログレーサーです。浅いパターンのブロックが岩稜にはいいみたい。
赤タロンはブロックが深いので岩には滑らないが粘土質ではイマイチ。
ログレーサーは岩には意外と滑らないがタロンよりグリップ力は落ちるような気がする。
滑りもって落ちるのがダウンヒルに似合ってるのでログレーサー良かったぞ!
ログレーサーの靴底は意外にも長持ちするみたいです。

DSC00333.jpg
DSC00334.jpg

タカミクラからいろんなコースを探求しいてみたいのでDポイント手前の踏み後をたよりに尾根を下ってみた。
いつもの尾根の対岸の尾根を初めて下るのですがシングルトラックですが木は伐採してあってチャンと降りられます。でもロープが10本以上張られていてフィールドアスレチックみたいな感じ。トレイルランナーは満足できないかもしれないけど面白いよ。山屋さんが張ってくれてるのやな。有難い。

DSC00337.jpg

ここを下りると林道みたいなところに出てそして市道かなんかに出る。=( ・_・;)⇒ アレ?
山から遠ざかっているので山に戻ろうとする。ピンクのナイロンのひもがある。
小川を渡りまた山に入る。何処に出るかは不明。なんとなくいつものコースに出るような予感。

DSC00339.jpg

不安といえば不安だがだんだんいい道になってくるのでどんどん行こう。
やったDポイントとEポイントの中間に合流。

DSC00340.jpg
この上はスリッピーないつもの下りから林に突入したところである。やれやれ。我ながら動物的な勘が冴えている。
桶居山を目指そう。桶居山の手前の尾根を下る。

DSC00344.jpg

佐土新に出てロードを走る。白髭神社に到着。
ここから裏の岩場を登る。マーキングしてあるので簡単に登れる。

DSC00346.jpg
DSC00347.jpg

桶居山に到着したときは脚がパンパンになって重い。
これからBルートに合流する。別所中池まで加藤尾根(勝手に命名)を下る。
この尾根を加藤さんはカモシカのように下る。
祠に到着したがヘ( ̄  ̄;ヘ)))。。。フラフラァ。
ヱビスビールが祠にあった。飲みたかったなあ。


DSC00350.jpg

いつも思うけど反射板まで意外にしんどい。
百間岩の下りは脚がヨレヨレ。ハイドレーションの水もなくなった。
よって都合がよく鹿島神社にくだる。そして車を止めた別の鹿島神社に戻る。
遊んだ距離23Km。遊んだ時間約4時間。
ああ満足です。それからROLL-OUTに遊びに行きました。

今回遊んだルートです。
マップ1
takami11.jpg

マップ2
takami22.jpg

DSC00353.jpg
スポンサーサイト

テーマ:トレイルラン ジャンル:スポーツ

Category:高御位山

comment(2trackback(0

タカミクラはスズシミクラでした。

2011/09/19(Mon) 20:56

今日は台風が来ているので曇り空のタカミクラでスズシミクラでした。
でもタカミクラの登りはムシムシしていたけど風があるのでいい感じで登れました。
例によってK.KATOさんのマップをいつも通り拝借。

takamikura0730.jpg

股関節カックンのためタイムはボロボロですが、赤タロンとっても(・∀・)イイ
タイム貼りますね。

北池お地蔵さん(10:55スタート)
タカミクラ頂上        34:38 
桶居山への分岐(D地点)    58:19
祠(G地点)        1:51:―
反射板(H地点)      2:30:―
鉄工所ゴール(J地点)   3:09:―
      



おいらのスタート地点はお地蔵さんからです。ストレッチしたりメモったりしてスタート時間を決めてからスタートする。お地蔵さんの顔が長い風雪に削られかわいそう。

s_0919DSC00061.jpg

急な下りでは登山道が沢状態になり苔が生えていて滑りやすかった。
赤タロンはグリップ力があり、クライミングシューズの底がチョコレートのブロック状になった状態です。
苔の所ではエッジとか凹みの上に足を乗せ滑らないようにする。
大股はよけいに滑ります。接触面積が少なくなるためです。
小刻みにステップして足裏全体で着地したほうがよい。
アドレナミン出まくったら滑り落ちながら爆走しましょう。
たぶん何回か滑ったら心が落ち着くかもしれません。
あまり細かい事は気にせず、岩稜パラダイスを楽しみましょう。(笑)

s_0919DSC00067.jpg
s_0919DSC00068.jpg

タカミクラ頂上直下に3連続のスラブ地帯でへばるんですが、足が軽いので楽でした。
190gはやはり武器になる。と納得~。パチッ☆-(^ー'*)bナルホド
あ!そうそう、赤タロンはつま先に余裕があるため足の爪が死なない。
黒く内出血しないので(・∀・)イイ
ダーンタフの靴下ですけど生地は強くてなかなかヘタリません。
5回くらい使用してからが使い心地がいいです。
1回目の使用だと生地が強すぎて足の裏がヒリヒリして真っ赤にになり熱を持っています。
ダーンタフの靴下(・∀・)イイ

今日はタカミクラの頂上は雲に覆われているにもかかわらず人が多い。
山ガールも多くなってきたですね。
雲の助はナノタオルで日本兵のスタイルで走っていましたが、=( ・_・;)⇒ アレ?という感じで見られました。
そんなの関係ね~♪

s_0919DSC00062.jpg

タカミクラ頂上から腰カックンで少しペースを落とす。
でも涼しくて気持ちが(・∀・)イイです~。
タカミクラから桶居山への下りも滑り落ちて快走です。
今日はスベリア~ンです。
加藤尾根は乾いていて赤タロンで爆走できました。
スピードは遅いですがそんな感じでした。
タイムトライアルするときはタカミクラから別れて桶居山への分岐から祠までが意外とタイムがかかる。
赤タロンは足さばきが良くタイム短縮に武器になるかもしれないですね。

s_0919DSC00079.jpg
桶居山と加藤尾根(手前側の尾根)

s_0919DSC00072.jpg
桶居山

桶居山も昔火事ではげ山になったらしい。今でも頂上は焦げ臭い。
新しい緑も多くなり自然の回復力に驚かされます。
次回はオケイはんもトレイルしますよ~。待っててな!
そうこうしているうちに祠に到着。

s_0919DSC00077.jpg

祠から反射板までの登りが疲れ切った体には応えます。
タイムトライアルの時は心臓バクバクまで頑張る!
根性出すポイントでもある。
何とか反射板まできたら馬の背の火事で無残に黒焦げになったのが見られる。
でももう緑が増えている!なんという自然の回復力です。

s_0919DSC00081.jpg

今日は良く風が吹いていて気持ちが(・∀・)イイ
百間岩も快調に飛ばし、豆先まで気持ちよく走れました。
股関節が治ったら桶居山へも行こう~っと。

テーマ:トレイルラン ジャンル:スポーツ

Category:高御位山

comment(2trackback(0

タカミクラは熱い男達の遊び場だった。

2011/07/30(Sat) 23:17

薮サさんのツイッターからのつぶやきに反応して5人のメンバーでタカミクラにトレランしてきました。
朝5時過ぎにスタートしてタカミクラBルートを暑さにも負けず完走しました。雲の助は夏のタカミクラは途中リタイアが多いのですが仲間の刺激により完走できました。

タカミクラの記事を書くときはいつもK.KATOさんのマップをいつも通り拝借。

takamikura0730.jpg

そして薮サさんのツイッターからの写真を拝借。

fncki.jpg

薮サさんがペースリーダーでスタート。意外に速いペースみたいで雲の助は最初から息が上がる。
睡眠不足と思うんですが年寄りにはきつい。他の人は息が上がってるのかどうかは分からないがなんか足が重いし息が上がる。下りになるとそこそこついて行けるのですが登りは今日はすこぶる調子が悪い。
タカミクラ頂上直下の岩稜3連発は悲しいかな遅れ気味..。
四つ足走法で行きたいけど我慢。やはり足の負担を減らしたい。
タイムアタックの時は人が見ていようがいまいが全て四つ足走法で行っています。
なんとかタカミクラ頂上に着き、頂上に置いてあるペットボトルの水を頂いて水を頭からかぶる。
もう帰りたい...。岩盤の照り返しがキツイのか(;´д`)ゞ アチィー!!

六甲山でもタカミクラでも活躍のナノタオルの威力は凄い。
ナノタオルを濡らしているといつまでもひんやりして気持ちが(・∀・)イイ。
自分の汗で濡れてもクーリングできてます。
薮サさんが言ってましたがナノシャツがあったらいいなあ。
ひんやりして気持ちが(・∀・)イイと思います。

桶居山への分岐点前からペースリーダーがチェンジ!タケイプロがTOPで行くことに..。
今日初めて一緒にトレランして知らなかったんですが、彼は下りのスペシャリストだった。
最初は速すぎてついて行けなかったんですがそのうち走りを観察していたらついて行けるようになった。
彼の走りはスキーのように下って行くみたいです。
スッと落ちていく感じです。足のさばきはそれほど激しくなく自然落下みたいに..。
足を踏ん張らないで方向転換しているように見えました。素晴らしい。
急降下爆撃機!タケイプロ。伝授させていただきました。
タカミクラ頂上から祠までの下りでタイムが上がるような気がする。
これだけのメンバーだから学ぶことが多いと感じました。
それぞれの持ち味をだしてTOPの入れ替わりはいい刺激になっていい。
AKB48ばりのヘビーローテーション!タカミクラローテーション=T K M 48作戦(レオちゃんマンさん命名)
キリアンが登るようなヘビーな岸壁なら雲の助にお任せください。
元クライマーの血が騒ぐぜ~。まあそんなルートはないですが..。

祠からの登りは足が重く遅れ気味...。タケイプロも登りは苦手みたいで一緒に行くことにする。
他の3人はぶち抜いて行った。まあタイムアタックの時は祠からも全力を出し切れると思うのでクールダウン気味に無理せず走る。タカミクラは暑さとの戦いと岩稜で足がズタボロになるので短距離でも体の消耗度が違う。
ゴールの鉄工所に着いたときは誰もいなかった。結構いいタイムで仕上げたんだと納得。
薮サさんのブログによると 2時間13分だったらしいです。
僕とタケイプロのタイムは2時間26分だったらしいです。
意外に速かったみたいです。

今日のメンバー!みんなありがとうございます。
思い切り遊んでくれてありがとうございます。
またツイッターで招集してください。また遊びに行きますのでよろしくです。



テーマ:トレイルラン ジャンル:スポーツ

Category:高御位山

comment(4trackback(0

ハイヌーンなタカミクラ

2011/07/10(Sun) 18:34

今日はめちゃ暑かったタカミクラですが、もうトレイルするというかサバイバルですね。
熱中症にかかって倒れそうなのでしばらくはタカミクラは控えます。
タカミクラBコースを耐暑訓練のため挑みましたが暑さのため途中で鹿島神社へエスケープしました。
ホント倒れますこの暑さ..。

とりあえずタカミクラのマップはK.KATOさんのをいつものように拝借。

takamikura0710.jpg

A.地点  北池登山口(鳥居)9:30スタート
C.地点  高御位山頂上   33分15秒
D.地点  A、Bルート分岐  52分
E.地点  桶居山方面    62分
G.地点 祠(ほこら)   97分
I.地点で鹿島神社へエスケープしました。 143分(2時間23分)

しかし今日は暑かったんでタカミクラ頂上でやめてしまおうかと思いました。
そんな暑さでした。
暑さ対策としてザックは背負わず、ネイサンのウエストポーチにしました。
ネイサン(nathan) ランニング バック ボトルヒップバック という品名です。

1310283127446.jpg
0.6Lのボトル付きでした。スポーツドリンクを凍らせてタカミクラ頂上で冷たくておいしかったです。
もちろん今日は0.6Lでは足りないですので途中である場所で補給しました。
ウエストベルトですが余分な部分は切って捨てました。末端はマジックテープで止まるように裁縫しました。
もともとアメリカ製ですので余ったベルト関係は切って捨てて軽量化。

もうひとつ暑さ対策としてファイントラック社製のナノタオル。途中で水に濡らしてタオルを広げサンバイザーの下に頬被りしました。
まあ戦時中のインドネシア、スマトラ島?の日本兵がしているような日よけ対策と同じです。
これがクーリング効果抜群でほっぺたは冷たくて気持ちが良かったです。

FSG0710.jpg

ウエアは今日はナイキのノースリーブ+adidasのショートタイツ。
下着はファイントラック社製のフラッドラッシュ®スキンメッシュボクサーショーツ 。
なるべく裸に近いスタイルでゲ-タ-+アームカバーで紫外線対策。
K.KATOさんのご推薦のヘソ出しでクーリング効果抜群でした。
ザックを背負わないので開放感+クーリング効果抜群でした。
タカミクラは秋まで行かないと思いますが人間のクーリング効果を考えるトレランでした。

来週の3連休は神戸涼風ルート(裏六甲ジグザグルート)を完全走破したいけど熱中症にかかってもあかんので
適当なところでショートカットすると思います。トレランポールは持って行くと思います。
またレポートしますね。


テーマ:トレイルラン ジャンル:スポーツ

Category:高御位山

comment(4trackback(0

そろそろタカミクラ

2011/07/05(Tue) 22:47

今週は姪の結婚式のため山口県へ帰省してました。
なんと新郎は警察関係の方でした。
体格はヘビー級で柔道バリバリ伝説。
親戚に警察関係が加わったことで治安が良くなる?
警察関係の方の結婚式は体育会系のノリで少々びっくり。
おまけに雲の助が警察学校の教官と思ったのか、知らないおじさんに話しかけられました。
今度から雲の助のことを「教官!」って呼んでください!
トレランして色黒で締まった体なので間違えた?
まあ、めでたし、めでたしですう。

今週は神戸涼風ルート(裏六甲ジグザグルート)は走破せずにふくらはぎ温存しときます。
大峰早駈けからあまりたっていないので無理をせず大事をとります。
さてさて自分の走力がどれだけ戻ったのか確認したいんです。
ぼちぼち自分越えをしたくなりました。現在K.KATOさんのリハビリ中の間に(K.KATO越え)?
タカミクラBルートの2時間切りの練習も兼ねて刺激を与えたいと思います。
みんななんやかんやとタカミクラやっているみたいなのでおいらも参加します。
TK_XXX_dayoさんとか頑張ってるみたいなので教官(雲の助)の走りを見せつけてやろうと思ってます。(笑)
みんな自分越えやってるのにあせるやんか~!( ̄ー ̄; ヒヤリ
たぶん今週はタカミクラ行ってるかもしれんし、行ってないかもしれん。
暑いだろうな~。気分的には神戸涼風ルートのほうがいいかな?


テーマ:トレイルラン ジャンル:スポーツ

Category:高御位山

comment(2trackback(0


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。